バイリンガルカンファレンス✲

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・
バイリンガルカンファレンス
‥…━━━☆・‥…━━━☆

【緊急予告】 今週は記事のアップロードが多いかも?!

こんにちは、、野崎徳洲会病院の臨床研修事務担当です(=゚ω゚)ノ


当院と初期臨床研修における協力型病院としてご協力いただいております、松下記念病院でのバイリンガルカンファレンスに参加してまいりました(^-^)/

松下記念病院 バイリンガルカンファレンス

今回、私も実は初めから最後まで、同席させていただきました・・・・!(*゚ェ゚*)

研修医MDr 「いや~、ぜひ一緒に聞いてくださいよ~  ( ^o^)」
私       「英語でしか話さないんですよね、私いけます? ((((;´・ω・`)))」
研修医MDr 「大丈夫だって(笑)  (*´_ゝ`)」
私       「では、一緒に座っておきます  (-∀-;)」

今回は、循環器内科の症例でした。

発表の先生は、松下記念病院の先生なのですが、発表お疲れ様でした。

important his history....とか、 pain はダメ、feeling を聞かないとダメ。などなど。

今回 当院から参加していた研修医MDrは、アメリカ在住歴もありますので、英語めちゃくちゃスムーズに話されていました。 
メモに、 発表者の先生が繰り返す単語などを即書きで「あれは、胸痛」「既往歴」なんて、ささっと書いてくださいました(*゚ェ゚*)
お気遣いなく、でもありがとうございます(=゚ω゚)ノ


次回は、2月末。
次回はどんな症例があるのでしょうか、楽しみですね。

では、次回号もどうぞよろしくお願い致します。

臨床研修担当 拝

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント