地域医療研修-奄美ドクターヘリ★

こんにちは
野崎徳洲会病院 臨床研修事務担当です(=゚ω゚)ノ

前回、2年次研修医からフォトメッセージが届きましたが、つい先日新たなフォトメッセージが届いたのでご紹介いたします。


今回のフォトレターはこちら↓↓
ヘリでの患者転送
ヘリでの患者転送 (2)

ドラマなどで、ここ最近知名度があがったやつですね。そう、ドクターヘリ!!

地域医療などを行う土地は、僻地や離島です。
そのため、患者さまをより医療設備の整った医療機関に搬送する際に、救急車はもちろんですが、僻地離島研修の場合は、船やヘリコプターで搬送する場合もあります。

そう、研修医からのお便りは、ドクターヘリでの搬送を経験したとの報告でした乗ってはいないそうです!

私、奄美大島のドクターヘリについて知識が浅かったので鹿児島県のホームページで少々知識を蓄えてまいりました。

そもそも、ドクターヘリとは? 
ドクターヘリは、医療機器や医薬品を搭載した救急医療専用のヘリコプターのこと。
医師と看護師が搭乗して救急現場などに急行し、現地で患者の治療を開始するとともに、いち早く医療機関へ搬送するもの。

奄美大島でのドクターヘリはいつからスタート? 
結構わりと最近でした!平成28年12月に奄美地域などを運航範囲とする奄美ドクターヘリの運航がはじまったようです。

県立大島病院から県内各地までの所要時間についても、掲載があったので、参考までに↓
(鹿児島県ホームページより)

ヘリ距離

2ヶ月ある研修のうち、もうすぐ1ヶ月が修了します。あと1ヶ月。

パワーアップした先生が戻られるのが楽しみです!
帰ってきたらレポートいっぱい書いてもらいましょう(笑)

では、次回号もお楽しみに!

臨床研修事務担当 拝
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント